My Work

最後まで笑えた退職届が受理されるまでの珍事件3連発

 

どーも、ピロミです。

先日、アパレルヤクザから足を洗う日が決まったとご報告させて頂きました。

関連記事:【報告】アパレルヤクザから足を洗います!

関連記事:アパレルヤクザというシゴト

 

退職を申し出た後、私の会社はやっぱりさすがやなって思う珍事件がやはり起こりました。

 

退職届が受理されるまでの珍事件3連発

1.退職届がプリント

 

退職を決断して、経理の人に申し出ました。

「退職届をだしてね〜」と言われたのですが、退職届って

“一身上の都合により……”とつらつら書くイメージがあったのですが、なんと、プリントを渡されました。

 

やっぱすごいぜ、わたしの会社。笑

 

会社が退職届を準備してくれるって、すごくないですか?

プリントに書く内容としては住所とかその他個人情報を書いて、上司のハンコをもらえば終了。

3分で書けました。笑

 

つらつら書かんでよかったので、それはそれで良かったけど、なかなかあっさり辞めれすぎて、びっくりしました。

2.退職届を早よ出せとせびられる

 

「足を洗うなら、早く退職届を出せ。」に近い内容のメールを経営者から送られてきました。

さすが、親分。ヤクザの極みですね。笑

「会社の規定提出日なんて待たなくていいから」と言われました。

提出期限を設けられていましたが、その3日前にメールが回ってきました。

3日しか時間くれへんのかい….

さきほども言いましたが、私は退職届をつらつら書くものだと思っていたので、「3日前にそんなこと言われても…便箋を準備して、書く内容とかネットで調べな〜めんどくせ〜」と思っていたら、私の会社の退職届はプリントでした。笑

3日もいらんわ、3分で書けたわ。笑

 

3.有給残り日数を紙に書いてくれる

 

有給の残り日数を経理の人に確かめにいったのですが、「確認しときます。」と言われたので、ふつうに業務をこなしていると、経理の人がやってきて、スッと紙を渡されました。

なに?と思ったら、その紙には有給の残り日数が書かれてしました。

ひとこといいですか? メールでええやん。笑

 

最後まで笑えた、そして、笑って切り替えよう

 

今までいろいろありましたが、退職届は無事受理されました。

やはり最後の最後までさすがすぎて、笑えました。

こんな変わっている会社もあるんですから、笑って次に切り替えようね。

20代の初めての転職は、「20代の転職相談所」でまずは相談してみよう!



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です