Music

6月に聴いてほしい邦楽ロックベスト6曲

 

どーも、ピロミです。

6月に入ってかなりジメジメして暑くなってきました。

6月は雨の日が増えて、なんとなくやる気が出ないし、頭痛くなるし、最悪なことしかないですが、頑張っていけるように雨の日セットリストを組んでみました。

雨の日に聞きたい曲を6月にちなんで6曲選曲してみました。

 

6月に聴いてほしい邦楽ロックベスト6曲

 

 

1.雨/ペトロールズ

 

 

 

雨と言われてすぐ思いついた曲なんですが、ペトロールズの曲の中でもはずせない代表曲でもあります。

冒頭からサビで始まるのですが、そのフレーズがエモ切ない。

 

会いたい気持ちはこの前のように

全てを漏らして色を増すように

会いたい気持ちはあの日差しのように

全てを照らして色を増すように

 

雨ならではの気持ちの表現だなと思います。

そして長岡さま(ペトロールズのボーカル)の声がまた良すぎで、ギターもまたエモ切ないです。

 

雨の日にしっとり、エモ切なさを味わうならこの1曲だと思います。

 

 

それから、Suchmosがこの曲をカバーをしています。

これまたこちらも最強にエモいのでぜひ聴いてみてください。▽

 

2.雨は気まぐれ/サカナクション

 

 

こちらもエモ切ない曲です。(ほんま語彙力に失望。笑)やっぱりサビがすごく切ない。

雨は気まぐれ 心変わりはこの雨のせいだとして

雨は気まぐれな僕のようで 僕そのもののようだ

なんじゃこの歌詞。

いつ降るか、いつ止むのかわからない雨ならではの表現で、いつも一郎さんから出てくる歌詞は殺人レベルだなと思って聴いている曲です。

 

 

 

3.雨が降れば/never young beach

 

この曲は、憂鬱な雨の日のどんよりした気持ちに少しずつ色を足してくれる1曲です。

ネバヤンの曲は、”雨やけど頑張ろう!”っていう、そういうすごい前向きな感情ではなくて、”雨でもまあええか〜、踊っとくか〜”みたいな緩い軽い感じが好きで、それが魅力だと思います。

阿部ちゃん(ボーカル)の声もまたその良さを引き立てています。

この曲を雨の日に聴いたら、不思議とイライラしてしまう気持ちがなくなっていきます。

 

4.チロルとポルノ/クリープハイプ

 

 

こちらはTHE雨という曲ではないのですが、雨の日に聴くと歌詞の良さが増す曲です。

通り雨 あたしを濡らしては 大事なものを見透かされたようで

声には出さないけれど悲しくなって泣いてしまった。

サビ部分の歌詞ですが、通り雨のあの不意打ちな感じに泣きたくなる気持ちが、

自分の気持ちとマッチして、雨の降るタイミングがナイスすぎてまた泣けてくるってやつですよね。

この歌詞を書ける尾崎さん(ボーカル)天才よなっていつも思いながら聴いていて、雨が降ってきたらこの曲聴きたくなるのです。

 

 

 

5.あじさい通り/スピッツ

 

 

イントロからして大好きなのですが、この曲もエモ切ないよな。

雨降り続くよあじさい通りを

カサささずに上向いて走ってく

全部ごちゃまぜにする水しぶき

いつも笑われているさえない毎日

だもあの娘だけは光の粒を

ちょっとわけてくれた明日の窓で

草野さんの情景や物語を思い描ける歌詞がすごいよな。

 

そして、先ほど紹介したクリープハイプがカバーしています。

そちらも最高なので、是非聴いてみてください!

 

 

6.虹/OKAMOTO’S

 

 

最後はこの曲!

雨に関する曲って切ない曲が多くて、でもしんみり聴けるから好きでもあるのですが、この曲が流れれば、雨の日でも晴れにしてくれます!

大瀧詠一を思わせるイントロが流れてきて、もう誰が聴いてもルンルンです。

悲しみ全部流されて

失望の嵐も去って

そして僕は雨を降らせるだろう

雨上がりの虹を探して

歌詞は切ない内容もあるのですが、でも晴れの日の希望を歌っているので、すごく元気が出る曲です。

 

 

 

気持ちは雨で表現しやすい

雨ってすごい気持ちを表現しやすいというか、気持ちに似ている部分があってそれを表現している曲が多いですよね。

だから雨の日ほど、音楽を余計に聴きたくなる気がします。

このセットリストさえあれば、雨の日が多くて憂鬱な6月も乗り切れるはずです!

6月も頑張りましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です